HOME 会社概要 技術情報 ダウンロード リンク 会員専用
 PuTTY 0.60 を INIファイル対応にするパッチ

PuTTY の設定情報をレジストリから INI ファイルに変更する非公式パッチです。

これで PuTTY関連のプログラムと設定情報をUSBメモリ(セキュリティ機能付き)に格納して、 どのPCからでも自分の環境にログインすることが可能になるかも...

■ダウンロード
■パッチ適用方法
  本パッチは、Microsoft Visual C++ 6.0 でビルドすることを前提として作成されています。
  他の環境でビルドする場合は、パッチ適用後に作成される makefile.vc ファイルを修正してください。
  以下の説明では、作業ディレクトリを C:\temp とします。

  1. PuTTY Download Page から putty-src.zip(Release source code for all platforms) を
    ダウンロードします。
  2. PuTTY で ISO 2022 による日本語入力・表示を可能にするパッチ をダウンロードします。
  3. パッチを適用します。
    C:\temp> unzip putty060_jpini_patch.zip
    C:\temp> unzip puttykjpatch.zip
      ※puttykj.patch と puttyjp.patch ファイルの改行コードを CR+LF に変更します。
    C:\temp> md putty_ini
    C:\temp> cd putty_ini
    C:\temp\putty_ini> unzip C:\temp\putty-src.zip
    C:\temp\putty_ini> patch --dos -Np1 < C:\temp\puttykj.patch
    C:\temp\putty_ini> patch --dos -Np1 < C:\temp\puttyjp.patch
    C:\temp\putty_ini> patch --dos -Np1 < C:\temp\putty_jpini.patch
  4. ビルドします。
    C:\temp\putty_ini> nmake -f makefile.vc
    pageant.exe, plink.exe, pscp.exe, psftp.exe, putty.exe, puttygen.exe, puttyjp.exe, puttytel.exe が作成されます。
■使用方法
  1. 任意のフォルダに *.exe、putty.hlp、putty.cnt、puttyjp.lng をコピーします。
  2. puttyjp.exe を起動します。(putty.ini が作成されます)
  3. 通常の PuTTY と同じ設定を行ってください。
■更新履歴
  • 2007/08/03 PuTTY 0.60 に対応
  • 2005/03/18 PuTTY 0.57 に対応
  • 2004/11/08 PuTTY 0.56 に対応
  • 2004/09/17 PuTTY 0.55 に対応
  • 2004/01/06 公開
■謝辞
  • PuTTY の日本語化パッチを作成してくださった HDK(Hideki EIRAKU) さんに感謝します。

戻る Valid HTML 4.01! Valid CSS!
Copyright © 1999-2017 Bemax Inc. All rights reserved. Any request to webmaster